LiDARとのインテグレーションが可能なマッピングソリューションが誕生

LiDARとのインテグレーションが可能なマッピングソリューションが誕生OxTS-Georeferencer

LiDARとのインテグレーションが可能なマッピングソリューション

OxTS-Georeferencerとは?

INSの軌跡データとLiDARデータを組み合わせた点群データを作成できるソフトウェアです。LiDARを用いたマッピングをする際に便利なソフトです。
LiDARで作成したファイル、OxTS社製のINSから作成された航法軌跡ファイル、およびその他設定ファイルを取り込み、サードパーティ製LiDARソフトウェアパッケージで閲覧できるLAS形式の点群データを作成します。
このソフトには以下2つの機能があります。

1. Georeferencing

2. Boresight calibration

1. Georeferencing(ジオリファレンシング)

INSで計測した情報とLiDARの点群データを同期し、統合させることができる機能です。 LiDARはターゲットとの距離を測定に特化している機器のため、その情報がいつ、どこで計測された情報か単独では計測できません。
そこでOxTS社製のINSが正確な時間情報、位置情報、向き(ロール、ヘディング、ピッチ)の情報をLiDARデータに補完することができます。

 Georeferencing(ジオリファレンシング)

2. Boresight calibration(ボアサイトキャリブレーション)

LiDARとINSの座標軸を合わせこむ機能で、INSとLiDARのインテグレーションに不可欠な要素です。
ボアサイトのずれの原因は主にINSとLiDARとの角度がずれによるものです。小さなずれでも、大きな歪みやターゲットが二重に見える原因になります。
例えば10m離れた位置を測定する時、以下の数式のようにわずか0.2°のずれが生み出す誤差は約7cmになります。

LiDARとのインテグレーションが可能なマッピングソリューション

また、下図のようにBoresight calibrationを実行することにより、信頼性の高い明瞭なデータを作成できます。

Boresight calibration(ボアサイトキャリブレーション)使用有無の差

Boresight calibration(ボアサイトキャリブレーション)を使用したデータ作成について

LiDARとのインテグレーションが可能なINSデバイス

xnav 製品詳細ページ

Survey+ v3 製品詳細ページ

※価格はお問い合わせください。

サポートされているLiDARデバイス
(2020年5月現在)

・ VLP-16
・ VLP-16Lite

※今後のソフトウェアアップデートでインテグレーションできるLiDARが増える予定です。

参考

・ジオリファレンス(Georeference)

位置情報を持っていないデータに位置情報を与えること。

・Youtube

Mapping with LiDAR technology


CONTACT